仕事 転職

30代で手取り15万は"ヤバすぎる?"同世代の平均年収と収入アップの方法

『30歳になったけど、まだ手取りが15万円』『同年代と比べて給料は低いの?』『給料が上がらない。。。』といった心配をされる方はとても多いでしょう。

また、手取りは15万円だけどボーナスがあるから、実際はもう少し貰っているという人もいるかもしれません。しかし、年棒制なら15万円×12か月=180万円の年収です。アルバイトやフリーターで平均15万円の方もいるかもしれません。

今回は、30代で手取り15万円はヤバすぎるのか、30代の平均年収や収入アップの方法などについても解説していきます。

自分がどの立ち位置にいるのか。給料が低いのか。このままじゃまずい!収入アップしたい!と思っている人は必見です。

30代で手取り15万円は低い?

30代で手取り15万円というのは、高いのでしょうか、それとも低いのでしょうか。

手取りで15万円はいわゆる額面の金額=給与所得でいうとおおよそ18万円です。

30代の給与所得の平均額

30代の手取りについて、厚生労働省がまとめた「賃金構造基本統計調査」では以下のような結果が出ています。

>>出典:令和2年 賃金基本統計調査

※現金給与額は基本給や各種手当、残業代を含む金額で、所得税や社会保険料などを控除する前の金額。

男女合計

年齢現金給与額
30~34歳33万3300円
35~39歳36万4200円

男性

年齢現金給与額
30~34歳38万1700円
35~39歳43万1700円

女性

年齢現金給与額
30~34歳25万7500円
35~39歳25万9200円

30代での平均月給は30代前半が約33万円、30代後半が約36万円となっています。

男女別で見た場合、男性は30代前半で約38万円、30代後半で約43万円となっているのに対して、女性の場合は30代前半で約26万円、30代後半で約26万円と大きな差が出ています。

手取りの額を比べた場合15万円は低い

上記の現金給与額は、あくまで所得税や社会保険料などを控除する前の金額です。

実際の手取りとしては支給額の75~80%になることが多いため、以下の通りになります。

結論から言うと、『30代で手取り15万円は平均と比べると低い』と言わざるを得ない額です。(ただし、支出のバランスがとれていたり、今の生活のままで過ごせる方は気にしなくてOKです)

男女合計

年齢手取り
30~34歳26万6700円
35~39歳29万1300円

男性

年齢手取り
30~34歳30万5300円
35~39歳34万5300円

女性

年齢手取り
30~34歳20万6000円
35~39歳20万7300円

※給与所得額から独自に手取り額を試算(支給額の0.8掛けで計算)

全体の平均で見た手取りは、30代前半では約26万円、30代後半では約29万円です。つまり、本記事で取り上げている『30代で手取り15万円』はかなり低い部類に入ります。

特に男性だけで見た場合、30代前半で約15万円、30代後半で約19万円の差が出ています。

女性の場合、30代の手取りが約20万円なのでマイナス5万円くらいの差が出ています。

年収で見た場合は賞与がなければかなり低い

国税庁の民間給与実態統計調査では、各年代の平均年収についての調査結果が公表されています。

30代の年収については、以下の通りです。

出典:玲和2年 民間給与実態統計調査

男女合計

年齢年収
30~34歳400万円
35~39歳437万円

男性

年齢年収
30~34歳458万円
35~39歳512万円

女性

年齢年収
30~34歳309万円
35~39歳311万円

調査結果では、全体の年収の平均が、30代前半は約400万円、30代後半は約440万円となっています。

手取15万円の場合、控除前の額は多くても約19万円と考えられるので、年に支給される額は約220万円強です。

そのため、平均年収と比べて30代前半でも約180万円の差があります。

賞与が支給されると考えた場合、大企業であれば賞与が90万円になる可能性はあります。

賞与が出ない場合はさらに差が大きくなる可能性もあります。

30代で年収をアップをする方法

では30代という仕事人としてはこれからの世代において、収入を上げるためにどのような方法があるのでしょうか。

ここでは、4つの方法を紹介します。

  • 昇給・出世する
  • 起業・独立する
  • 副業する
  • 転職する

収入アップするためには、ざっくり以上の4つの方法に分けられます。

①昇給・出世する

昇給する・あるいは出世というのは、さらに上の収入を狙うための1番思い浮かべやすいパターンです。

例えば、昇進することによってどれくらいの年収アップが期待できるのか?答えとしては、一般社員が課長クラス・部長クラスに昇進した場合、年収のおよそ1.7倍から2.2倍の年収です

そして、昇給であれば昇進は出来なくても1~4%の給与アップを期待出来る企業もあります。

しかし、狙って昇給・出世は誰でも出来るわけでは無く、現実には昇給も出世も難しい職種や環境である方も多いのではないかと考えられます。

②起業・独立をする

今ままで仕事を得たスキルで起業・独立をするパターンを考える人も多くいらっしゃいます。

起業はリスクもありますが、30代であれば同じ会社や同じような領域で仕事を続けて10年経過した方もいらっしゃると思います。どんな仕事も10年続けるというのは簡単に出来る事ではありません。

リスクが取れる環境にある人であれば、大幅な収入アップも見込めるので考えてみるのもありかもしれません。

③副業をする

本業以外に副業をする余裕のある人は良い選択になるかと考えられます。

例えば月1万円を得るとしたら時給1000円だとしても10時間の捻出となります。10時間だけ働くというのは非現実的かもしれませんが、ざっくりイメージとしては『生活の足し』になるのは間違いないでしょう。

ただし、会社に副業の届けをするのが適切です。就業規則などを確認し、上司などに相談の必要も発生する可能性があるので、スタートでつまずく方も多いはずです。

しろくま
筆者もコツコツブログ運営の副業で月数万の収入を得ています。

④転職する

手取りを上げるためには転職を考える人が多いでしょう。

転職事態で年収を上げる可能性があるのは事実ですし、今後収入アップが見込めない可能性がある職種からキャリアチェンジするのも一考です。

しろくま
筆者は思い切って転職をして大幅年収アップ&転勤族だったのが転勤無しになり、転職に成功しています!!

転職で収入を上げるのがおすすめ

30代で手取15万円から収入をアップしたい場合、転職を行うのがおすすめです。

手取り15万で

まずは、今のキャリアで昇給・出世が出来る可能性を模索して、その可能性がなかったり、今のキャリアに不満があるような場合は積極的に検討しましょう!

転職で収入を上げるのがおすすめな理由としては以下の3つがあります。

  • 手取り15万円なら大幅増収も期待できる
  • 30代はまだ転職しやすい時期
  • キャリアアップ/チェンジも出来る

ざっくり以上の理由があります。

①手取り15万円なら大幅増収も期待できる

手取りが15万円なら大幅も期待する事ができます。

何故なら全国の平均の手取りとの乖離が大きいため、平均年収の高い企業に転職が出来ればそれだけで年収を上げる事ができます。

筆者の周囲でも、アパレルから製薬企業の営業(MR)に転職して年収を300万円以上上げた人もいます。

勿論楽に出来る事ではないですが、転職するで大幅な年収アップは理論的には可能です。

②30代はまだ転職しやすい時期

転職はもう遅いのではと考える人もいるかもしれませんが、30代ならまだまだ転職は間に合います。

むしろ転職市場で考えれば一番丁度良い時期での転職になります。

しろくま
筆者もキャリアチェンジも兼ねた初めての転職は35歳で、転職エージェントの人からは40歳になる前に転職する事をおすすめされていました。

③キャリアアップ/チェンジ(職種の変更)

前項で取り上げた、収入アップの方法に現職のままで昇給・出世という方法があります。

しかし、現職で昇給・出世は難しいケースも多いため、他社に転職する事で昇給・出世をしてしまうという考えです。

今所属している会社では、ポジションは下の方だけど、経験がしっかり活かせる転職で責任あるポジションで採用されるケースも勿論あります。

キャリアチェンジ(職種の変更)のする事が出来るのが転職の魅力でもあります。キャリアチェンジをする事で、昇給が加速する可能性を上げる事もできます。

ただし、職種を変更する際はしっかりリサーチをした方が良いでしょう。

  • その業界/職種で収入アップを継続的に見込めそうか?
  • 自分の経験が活かせそうな企業であるか?

しっかりサーチと自分の経験をしないと、足元も見られて減収する可能性もゼロではありません。

転職で収入をアップさせるためには

転職活動をしたからといって、単純に年収は上がりません。

30代で転職をして年収が上がった人は、全体の約4割といわれています。

では、どうすれば転職をして収入をアップが可能になるのでしょうか。

①業界&企業&自身のスキルを精査する

そのため「年収」は業界×企業×スキルで決まるといわれています。少し調べると、業界毎・企業毎に年収水準に差があることがわかるはずです。

特に、年収は業界や所属する企業などの環境によってかなり変化します。そのため今の年収が同じスキルを持っている他の人よりも高い事や低い事もあり得ます。

つもり年収が上がらないのは、スキルだけが原因とは限らないのです業界や企業を変えるだけでも年収は上がる可能性があります。

例えば平均年収の高い業界や、利益率の高いビジネスモデルを採用している企業、自社の利益を従業員へ還元しようとする企業への転職が有効です。

そのためには、しっかり業界&企業&自身のスキルを調査・精査しましょう。情報が無い方はとにかくリサーチが重要です。

より大幅な年収アップを目指すのならば、業界×企業×スキルのうち、複数の要素において年収が上がりやすい企業を選ぶことが重要です。

給与・賞与について確認する

業界&企業を調べる時は、特に給与と賞与についてしっかり確認しましょう。

賞与が出なかったり、月々の給与は低いけど賞与の額が大きいという場合もあります。

先にも説明しましたが、月の手取りが20万円だとしても賞与があるだけ大きく変わってきます。

そのため、転職先の企業を探す際は、賞与があるかどうか、どれだけの額が支給されるかなどについて確認するようにしましょう。

アピールポイントを整理

業界&企業を調べながらも自身のスキルを精査し、アピールポイントをできるだけ探し出しましょう

転職活動では、最初に自分のスキルや経歴を棚卸する必要が出てきます。

業務実績や資格、今までの業務の経験からアピールポイントを見つけられれば、それだけ自分の価値を高められます。

しっかりとしたアピールポイントがあれば、企業としてはより高い年収を提示してくるケースも多くなります。

そのため、アピールポイントの洗い出しは、転職活動ではとても大切なのです。

反対にスキルは一朝一夕で伸ばせるものではないため、「年収アップ」が転職の目的ならば、年収が上がる環境を見極めなければなりません。

②経験を活かせる企業へ転職を検討

前職での経験をフルに活かし、転職先でさらなる成果を期待されている「キャリアアップ転職」においては、年収アップの可能性は大きいです

企業は即戦力として採用をするため、成果の見込みと期待を込めて、年収を上げて採用をする企業が多いです。

反対に、キャリアチェンジでは年収アップの望みが薄くなります

未経験の職種では即戦力にはなりにくく、採用企業にとっては「新卒よりいくらかマシな人材を採用した」ということにもなってしまいうるのです。これでは年収アップは望めません。

年収アップを目指す場合には、まずは経験を活かせる企業への転職を検討しましょう。

現職でのスキルアップ

希望する転職先を探すだけでなく、スキルアップをしてアピールポイントを増やしていきましょう。

アピールポイントが増えれば、自分の価値を高く見せられるため、年収のアップにもつながります。

新しい資格を取得したり、現在担当している業務で実績を残す、セミナーや公開講座などを利用して知識やスキルを身に付けるなどの方法でスキルアップができます。

収入がアップの可能性を高めるためにも、スキルアップは積極的にやっていきましょう。

③妥協できる点を決めておく

特に、年収アップを重視すると、他の条件について妥協する必要があります。

残業が増えたり、責任のある立場を任されるなど、企業によってさまざまですが、「年収を上げるためにあきらめなければならないものもある」ことを理解しておきましょう。

また、自分の年齢やスキル、実績、業種ごとの年収の相場をもとに適正年収を知ることで、どれくらいの年収を希望すればよいのか参考にできます。

そのような情報を踏まえた上で、あきらめられる部分は妥協するようにしましょう。

年収アップにおすすめの転職エージェント

doda

転職エージェントは特化型と呼ばれる特定の業者だけに強いエージェントも存在します。dodaは特化型ではなく、業界トップクラスの10万件以上の案件を保有しており、幅広い業種・職種を有しているため多くの選択肢から年収アップの可能性探すことが出来ます。

また、転職エージェントも業界トップクラスであり、質の高い転職サポートが人気になっているサービスです。

多くの選択肢の中から上手く転職先を探すことで、初めての転職、未経験職へのキャリアチェンジ、確実なキャリアアップを目指したい人にはオススメです。また、

転職者満足度No.1の転職エージェント。業界トップクラスの求人数を保有しており、30代でも転職しやすいエージェントの1つ。

>>DODA公式ページ

リクルートエージェント

リクルートエージェントは転職支援実績No.1の業界最大手のエージェントです。仕事が忙しい30代からも「無駄な手間を掛けずに、転職を成功することができた」と評判だ。

転職時に必要となる企業との調整は転職エージェントが代行してくれるため、現在の仕事で忙しかったり、もちろん転職エージェントだからこそできる、転職時の年収などの交渉を代行してくれることも嬉しいポイントだろう。

リクルートエージェントでは豊富な求人を紹介できる転職エージェントとして人気であり、特に非公開求人の保有も多いです。特に30代の転職では、リーダーなど管理職ポジションを希望する方も多いだろう。

リクルートエージェントなら満足いく管理職ポジションの転職先を紹介してもらえるはずです。

新規事業の立ち上げや、企業側の事情から非公開に設定されている求人も多いため、リクルートエージェントだからこそ見つけられる企業に転職できることが大きなメリットと言えます。

>>リクルートエージェント公式ページ

リクナビNEXT

リクナビNEXTは中途採用専門サイトで非公開求人が多く、大手や優良求人の紹介が多い転職サイトです。

新着求人数も多いので、どんな求人があるかチェックしたいという方にもおすすめです。

30代向けの求人も多く、あらゆる業種・職種の求人を取り扱っているので、まずは登録しておいて間違いありません。

>>リクナビNEXT公式ページ

まとめ

本記事で紹介したように30代で手取り15万円は圧倒的に低い額の部類に入ります。

賞与がある場合は、ある程度年収も増えますが、それでも平均と比べると低い方になります。

手取りや収入アップを目指したいという人は、ここで紹介した方法や思い切って転職活動を行うとよいでしょう。

もし、転職活動をする際は、収入アップのためのポイントを意識した上で、より良い結果につ投げていきましょう。




1

本記事では、2020年3月現在でのおすすめの定額動画配信(VOD)サービスの現状や選び方、強み・弱みなど総合的に各サービス9つを比較しています。各々の定額動画配信(VOD)サービスの特徴をまとめて紹介 ...

-仕事, 転職

error: Content is protected !!

© 2022 LIfe Changer Powered by AFFINGER5