ディズニープラス 動画配信サービス

【何回も見たい】ディズニープラスのピクサーおすすめアニメ映画10選

ディズニープラスで見られるピクサーのおすすめ作品を知りたい」「せっかく見るなら楽しいアニメ映画を見たい」そんな人にあらすじとオススメポイントを分かりやすく解説した記事です。

※本ページの情報は20年5月現在の海外(主に米国)の情報です。最新の状況はディズニープラス公式サイトにてご確認ください。

日本版リリースは6月予定です!

しろくま
まだ、日本ではリリースのない2020年5月時点の情報なので、情報の過不足・誤りなどあれば、随時更新していきます。

トイストーリー

あらすじ

トイストーリーの主役は、少年アンディの部屋で暮らすカウボーイ人形「ウッディ」

ウッディはアンディが部屋からいなくなることを確認すると、おもちゃの時間がスタート。

ウッディはアンディの一番のお気に入りのおもちゃで、数多くのおもちゃの中のリーダーでしたが、ある時最新式である「バズ・ライトイヤー」が仲間入り。

お気に入りの座を取られてしまうウッディ。

そして、ちょっとしたトラブルに巻き込まれてしまい、なんと「バズ・ライトイヤー」と「ウッディ」は外に置いて行かれてしまうことに…

 

おすすめポイント

1996年に長編映画として初めてフルでのCGアニメーション作品として登場した「トイストーリー」は、現在トイストーリー4まで作品があります。

長編作品の他にも、短編やスペシャルも制作されている大人から子供まで高い支持を受けています。

トイストーリーおすすめポイントはなんといっても、個性的なおもちゃと独自のルールのもと展開されているストーリーでしょう。

主役のウッディとバズ・ライトイヤーの会話、ストーリーだけではなくお互いを思いやる気持ち、仲間の大切さを知る事の出来る作品ばかりとなっています。

 

 

Mr.インクレディブル

あらすじ

毎日人助けをするインクレディブルやイラスティガール。ヒーローとして活躍する中、なんと街の崩壊や二次災害などが問題になってしまい、ヒーローという存在を政府が禁止してしまう事態に。

今ヒーローを辞めなければ、器物破損の罪で問われてしまう…。

究極な選択を余儀なくされたヒーローたちは、ヒーローという身分を隠して、普通の人として生きる事を決意。

そんなある日、インクレディブルの前に銀行強盗が…正義感のあるインクレディブルは阻止した上司にけがをさせてしまい、仕事をクビになってしまう…

 

おすすめポイント

誰よりも強い力を持ったヒーロー一家の絆とヒーローとしての仕事を描いている作品。

長編アニメーション映画賞、音響編集賞とアカデミー賞2部門に受賞している大ヒット作です。「世界を守る」という正義感と家事や育児に翻弄する一般人としての日常など二局面のストーリーが展開していきます。

迫力あるアクションとユーモアあふれたストーリーが描かれています。

 

ファインディング・ニモ

あらすじ

カクレクマノミの夫婦、マーリンとコーラル。

もう少しで誕生する子供たちの為に最高の環境を構え準備を進めてきました。

400個近い卵を見ながら幸せな日々を送っていたある日、狂暴なオニカマスに大事な卵とそれを守っていたコーラルが飲み込まれてしまう。

マーリンとたった1つだけ残った卵を「ニモ」という名前にして、大切に育てる。

ニモはすくすく育ち、小学入学を果たす。そして、マーリンはいつも「海は怖い」とニモに言い聞かせる。そんなある日父に反発したニモが…。

 

おすすめポイント

2003年ディズニー・ピクサーアニメであるファインディング・ニモは、第76回アカデミー賞長編アニメーション部門を受賞。

ディズニーとピクサーがコラボした映画で、カクレクマノミ親子が広大な海を冒険し、いろいろな体験をする物語になっています。

過保護な父と息子との関係やただ心配するだけではない親の心情などが伝わってきます。単純に親子愛という言葉では語る事のできない奥深いストーリーが心に残るでしょう。

 

ウォーリー WALL・E

あらすじ

29世紀の荒廃した地球から物語がスタートするウォーリー。

人間がいなくなった地上では、今まで住んでいた人たちの建物やごみが散らかっていました。

そこで廃棄物処理ロボットのウォーリーに任されたことは、ごみの山を片付けて宇宙に行った人類を再び呼び戻すことでした。毎日、毎日誰もいない中ただひたすらごみの処理をし続ける。

ただ、日々過ぎていく中で唯一の楽しみそれは帰宅した後にビデオを見る事。

そんなある日、とあるビデオを見たウォーリーの目に入ってきた映像がラブロマンス映画。その映像を見たウォーリーは恋愛へ憧れるようになっていく。

 

おすすめポイント

ピクサー映画の代表作と言っても過言ではないウォーリーは2008年に公開されました。主人公であるウォーリーとイヴの純粋な愛そして29世紀の地球問題を投げかけた作品になっています。

CGの技術や人間の言葉などを一切利用せず、ロボットの感情のみを表現したところなど見所がたくさん詰まっています。

 

カールじいさんの空飛ぶ家

あらすじ

最愛の妻であるエリーに先立たれてしまった78歳のカールじいさん。思い出がたくさん詰まった家で一人暮らしをしていました。

二人は幼馴染で、冒険家のチャールズ・アンツに憧れていました。

そして、いつか南米の「パラダイスの滝」に行こうと約束。

ある日、カールじいさんはエリーとの約束を果たすため今まで住んでいた家にたくさんの風船をつけパラダイスの滝へ出発を決意。

偶然にもこの空飛ぶ家の中に居合わせた少年ラッセルも一緒に…冒険の旅がスタートする。

 

おすすめポイント

カールじいさんの空飛ぶ家は、モンスターズ・インクとファインディング・ニモの脚本家とボブ・ピーターソンとが協力して作り上げた3Dアニメです。

冒険家の夢そして妻との約束を果たすために、78歳のおじいさんが冒険に挑む、楽しく夢のある作品です。

たまたま居合わせた少年と旅先で出会った犬など人生は何があるかわからない、可能性は広大にあるということを知る事ができます。

大人から子供まで幅広い年代で楽しむことができるでしょう。

 

モンスターズ・インク

あらすじ

モンスターの世界に住み、大企業であるモンスターズ株式会社に勤めているサリーと相棒のマイク・ワゾウスキ。

世界に住む子どもたちの部屋にあるドアを保有し、子ども部屋に行くことができる装置を持っている会社でサリーはNo.1の怖がらせ屋。

寝ている子どもを驚かし、怖がった子どもたちの悲鳴をエネルギーにしてモンスターの世界に供給しているのだ。

そんなある日、1つのドアから女の子のブーがモンスターの世界に入ってくる。

「人間の子どもは危険」と言われている世界にブーが来たことで街は大混乱となる。

元の世界へ帰そうとサリーとマイク・ワゾウスキは共に奮闘するが…

 

おすすめポイント

モンスターズ・インクは、2001年に公開されたディズニー・ピクサー製作の長編フルCGアニメーション映画です。

日本では、2002年3月2日から公開されています。

ピクサーの長編アニメーション作品では4作目となるモンスターズ・インクですが、日本でも好評で上映期間が大幅に延長されるほど人気となった作品です。

子どもを驚かすサリーは恐ろしさを感じるほどですが、色鮮やかな見た目と実際には優しい心の持ち主である性格が子どもから大人まで虜にしたポイントです。

物語はハラハラしながらも感動する作品で多くの人を魅了しています。

 

インサイド・ヘッド

あらすじ

ライリーという11歳の女の子の頭の中が映画の舞台。

ライリーが誕生した時、頭の中にはヨロコビという感情が生まれ、ライリーが泣くとカナシミという感情が生まれた。

その他にも、イカリやビビリ、ムカムカといった感情が生まれ、ライリーの心と体を安全に、そして幸せにするために奮闘している。

ライリーが日々何かを学び、経験した感情が頭の中の司令部に思い出のボールとして作られる。

感情によって色が違い、喜びの感情で作られる黄色のボールを多く作りだせるようヨロコビたちは頑張っているのだ。

中でもライリーの性格の元となる特別な思い出は司令部で保管されている。

そんなある日、ライリーが引越しをすることで物語が大きく変わり、大波乱を巻き起こす…。

 

おすすめポイント

2015年にアメリカで公開され、日本では2015年7月18日から公開されたインサイド・ヘッドは、ピクサー長編アニメーション20周年記念作品です。

監督のピート・ドクターは、自身の娘が11歳になった頃、大人しくなり不機嫌になることが多くなったと言います。

幼い頃はお転婆な子どもで想像力も豊かだったことから「娘の頭の中で何が起こっているのか」といった思いや戸惑いが生まれ、その感情がインサイド・ヘッドの出発点になりました。

自分の気持ち、子どもや親、友人など、様々な人たちの気持ちを大切にしようと考えさせられる作品です。

 

レミーのおいしいレストラン

あらすじ

料理好きのネズミ、レミーは、今は亡き天才シェフのグストーに憧れ、グストーが残したレストランへと足を運ぶ。

レストランでは見習いとして働くリングイニが大事なスープを台無しにしてしまい、それを見かけたレミーがスープを作りして客に提供したところ、美味しいと反響を呼んだ。

レストランの料理長から正式に雇うと言われたリングイニだが、新たな料理を作れと命じられ、さらには調理長がグストーの名を借りて冷凍食品の販売を企み大変なことに・・・。

 

おすすめポイント

2007年に公開したレミーのおいしいレストランは、料理の才能を持ったネズミ、レミーと、亡き父が偉大な料理人であるリングイニが出会うことで始まるストーリーになっています。

見習いシェフのリングイニを支えるレミーとのタッグを組んで頑張る姿や、レミーがレストランのオーナーに見つかって追いかけっこをするなど、見所が満載です。

制作陣がフレンチの本場パリに行って学んできた料理の全てと、ピクサーが手掛ける魅力的ストーリーの数々が、この作品に詰まっています。

 

カーズ

あらすじ

物語はレーシングスポーツ最高峰のカップに出場する天才新人レーサー、ライトニング・マックィーンの登場で始まる。

新人チャンピオンの座を狙うも決勝レースが開催される前に、想定外のトラブルに巻き込まれ、見知らぬ田舎町にたどり着いてしまう。

一刻も早くレースに参加するために急いでいたマックィーンだが、町の道路は自らが滅茶苦茶にしたせいで走れないほどに。

道路の補修工事を命じられその町に留まるようになり、そこで生まれる友情や伝説のレーサーとの出会いにマックィーンは町に親しみを持つようになるが、果たして決勝レースはどうなるのか…?

 

おすすめポイント

カーズは2006年に公開された映画です。

物語は車を擬人化したようなキャラクターたちがたくさん出ており、ピクサー映画ならではのハチャメチャな展開に終始目が離せない作品となっています。

車をモチーフにしていることから、スピード感溢れるレースバトル、エンジンのトラブルが起きるなど、車好きの心を揺さぶる作品になっていることが特徴的です。

また、カーズの主人公であるマックィーンが出会う愉快な仲間も大人気で、たくさんの車がグッズ化しており、子どもだけではなく大人までもがカーズにハマるほど、多くの魅力を持ち合わせています。

カーズは2020年時点で全3作品出ており、どのシリーズも涙と笑い、迫力ありの素晴らしい作品ばかりとなっています。

 

バグズ・ライフ

あらすじ

バッタのホッパーらに食べ物を集めるために、毎日毎日重労働させられているアリのフリック。ある収穫時期にリックはバッタ用の食材が川に流されていることを発見。重大なミスを犯してしまったと責任を感じ、ホッパーたちに立ち向かう為の助っ人を探しに旅に出た。

そこで、フィリック助っ人として連れて帰ってきたのはなんとサーカスを辞めたサーカス集団だった。英雄と勘違いしてしまったフィリックと、クビになり新しいを見つけたと思っているサーカス団の虫たちは舞台であるアイルランドに引き上げてくるのですが…

 

 

おすすめポイント

ピクサーが製作する「バグズ・ライフ」は、1998年に公開された長編劇場用CGアニメ。

主人公の働きアリ「フィリック」を中心に小さな虫の世界で起こる様々な展開が繰り広げられています。

まるで虫の世界にいるかのようなCG技術は、迫力に圧巻されるでしょう。

コメディな感じや感動との2つを持ち合わせ、ミクロな虫の世界を感じる事ができます。



1

本記事では、2020年3月現在でのおすすめの定額動画配信(VOD)サービスの現状や選び方、強み・弱みなど総合的に各サービス9つを比較しています。各々の定額動画配信(VOD)サービスの特徴をまとめて紹介 ...

-ディズニープラス, 動画配信サービス

error: Content is protected !!

© 2020 LIfe Changer Powered by AFFINGER5